QLOOKアクセス解析

SIRIUS(シリウス)がVer1.2にバージョンアップしました。

SIRIUS(シリウス)レビュー、サイト作成

発売から2年の時をへてサイト作成ツールSIRIUS(シリウス)が

バージョンアップしました。

 

さあ、いったいどこがバージョンアップしたのでしょう、

なんかワクワクします。

 

 

 

サイト生成スピードが最高30倍に!!

 

SIRIUS(シリウス)は、サイトが出来上がったら、サーバーにアップできるようにパソコン内で

サイトの生成をします。

それから、サーバーにアップロードされるわけです。

 

そのサイト生成のスピードが格段にアップしたということです。

 

僕の場合、ページ数の少ないサイトが多いので実感はあまりないのですが、

例えば、100ページのサイトを一気に生成する場合、かなりのスピードで

終了するようです。(パソコン性能にもよりますが)

 

 

アップロード処理の最適化

 

今までよりも、安定したアップロードが可能となりました。

回線速度が遅いADSLなどでも、アップロードがスムーズにできるようです。

 

「アップ先の自動判別機能」に対応されて、間違ったフォルダにサイトを

アップロードしてしまうことを少なくしました。

 

 

フッターのところに、メニューを挿入できるようになりました。

 

1カラムしかない(サイドバーがない)テンプレートからでも、フッター(サイトの一番下)

部分にリンクを貼ることができます。

 

sirius058

 

サイトのヘッダー部分の画像です。

これは、僕のメインサイトへリンクした例です。

 

外部リンクだけでなく、サイト内部リンクもできます。

例えば、「相互リンク集」 「特商法に関する表記」なども、ここからリンクすることが

できますね。

 

 

各ページのHEDAタグ設定機能の追加

 

ここは、上級者用のバージョンアップです。

ページ毎に <HEAD>タグの内容を記述することができます。

 

 

携帯、スマートフォンの「改行の最適化」

 

改行の設定をすることで、自分が考えてもいないところで、

改行がおこなわれ、読みにくくなっていたものをなくし、

携帯やスマホでも、おかしな改行をしないように最適化しました。

 

 

アクセス解析をHEADタグ内に移動ができるようなりました。

 

通常、</body>タグの近くにアクセス解析が設置されるようになっていますが

</head>タグの直前に移動ができます。

 

これにより、googleアナリティクスを利用していても、正確な解析ができます。

(googleアナリティクス以外のアクセス解析は今まで通りでOKです。

 

 

 

最近はiPhoneユーザーが増えていますのでそのあたりの修正が行われました。

 

内蔵のプレビュー機能を、実際にiPhoneでみたように近づけました。

 

iPhoneの表示が崩れることがあったため、中央ぞろえにすることでそれを

解消しました。

 

iPhoneのサイトで、トップメニュー、フッターメニューを表示できるようにしました。

 

その他、各所の微修正を行いました。

 

 

ということで、以上がバージョンアップの内容です。

そうですね、iPhoneユーザーさんにとっていいバージョンアップになりました。

 

誤解のないように言っておきますが、あなたがiPhoneユーザーじゃなくても

いいんですよ。

 

iPhoneで、サイトをみる人が増えているってことが

重要なんです。

 

 

 

ご購入はトップページへ

 

 

 

 

 

まえむき

 

管理人まえむきに質問があれば、下記からどうぞ (^_^)v もちろん無料です.

アフィリエイト初心者さん、大歓迎!!

メルマガ登録などもしませんから、安心してお問い合わせくださいね^^

管理人まえむきへのお問い合わせ、お気軽にどうぞ

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ